読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

となりの801ちゃん+

うちの妻が腐女子です

本日18時よりヤシマ作戦決行




setsuden04.gif


 


 今夜の使徒は被災地の暗闇です。


 安全な地域の暗闇と、被災地の暗闇は全く質の違うものです。


 そして、被災地の電力不足は病院などにも深刻な影響を及ぼしています。


 18時~20時以降もなるべく無駄な電力は使わず、被災地へ電力を送れるようにしたいと思います。


 なお、何らかの事情で関東の停電時間が長引いた場合、冷蔵庫冷凍庫は開け閉めしなければ一日位は大丈夫です。


 全ての電気を絶つものではありません、出来る範囲で、懐中電灯や携帯電話を離さず、安全に注意してヤシマ作戦を成功させましょう。


 


 


 


東電、計画的な停電実施も 供給が需要に追いつかず


 東京電力は12日、東日本大震災の影響で電力供給が需要に追いつかない見通しとなったことから13日にも計画的に地域ごとに交代で停電する「輪番停電」を行うと発表した。家庭、工場、公共施設の区別なく3時間ごとに送電を止める。東電では、自宅で医療機器を使う人には発電機を貸し出すなどして対応するとしている。


 東電によると、12日は供給力3700万キロワットに対し、需要が午後6~7時には3800万キロワットに達する可能性がある。このため、大口の需要家の一部に電力使用の抑制を求めている。


 ただ12日の供給力は、夜間の電力で水をダムにくみ上げて昼間の発電に使う「揚水発電」を含んでいる。13日には揚水ダムの水がなくなり供給力は3100万キロワット程度に落ちる見通し。


 13日の需要は3800万キロワット、14日は4100万キロワットとなり供給との差が広がる。このため輪番停電でしのぐ。150万世帯に相当する500万キロワットを一つの単位とし順番に停電させ、3時間たつと復旧させていく。それでも足りなければ、1度に2つの区域を停電させることもあるという。


 病院や公共施設などを停電の枠外にするのは「技術的にできない」(藤本孝副社長)といい、自家発電などによる対応を求める。信号も止まる。電車は一つの路線でも広いエリアから電力の供給を受けているため、影響は出にくいとみられている。